現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜よる10時)。11月3日(火・祝)の放送では、トップアスリートとスポーツメーカーの二人三脚を密着取材。「東京オリンピック」開催を信じて突き進んだ2年間の軌跡をカメラが追った。ピンのない画期的スパイク...0.01秒を縮める闘い新型コロナウイルスの流行で1年延期となった「東京オリンピック・パラリンピック」。脚光を浴びるはずだったアスリートたちのいまの心境は...? 卓球世界ランキン

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題し、2021年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けてがんばる人たちを応援している。

ページトップへ
Twitter Facebook