現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜よる10時)。10月27日(火)は、これまで番組が取り上げてきた「食品ロス問題」第4弾を放送。新型コロナウイルスの影響を受け、さらに増加する惣菜や調理加工品の売れ残りを救う"新たなシステム作り"を紹介する。「レスキューデリ」で売れ残り食品を救え様々な理由でまだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」。日本の食品ロス量は年間600万トンを超え、家庭から廃棄される食品は一人あたり年

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題し、2021年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けてがんばる人たちを応援している。

ページトップへ
Twitter Facebook