10月23日(金)よる8時から、北大路欣也風間俊介上白石萌音が出演する金曜8時のドラマ「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」がスタート! 2019年1月からシーズン1、7月にスペシャルドラマとして放送された人気刑事ドラマの続編をお送りします。

kiokusosa_20201022_01.jpg
ゴールデン街、荒木町、早稲田、新大久保、新宿二丁目、三丁目...これらの街を管轄区域とした新宿東署では、刑事が認知していても動けない"手付かず案件"となっている事件が多くある。ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路は、新宿東署の刑事課司法係長として再任用。「昭和」「平成」2つの時代の街の情報を武器に、「令和」に起きた難事件を解決していく。

人並み外れた土地勘と詳細な記憶を持つ鬼塚を北大路欣也、鬼塚とともに捜査を進めるキャリアの刑事官・神啓太郎を風間俊介、鬼塚の部下・遠山咲を上白石萌音が演じます。

今回「テレ東プラス」では、北大路欣也、風間俊介、上白石萌音を取材。作品の見どころや現場の雰囲気、知られざる3人の交流まで...たくさん話を伺いました。

「風間さんと白石さんの素敵な人間性に触れたとき"また会えてよかった"と思います」(北大路)

──再結集となりましたが、続編の話を聞いたときの感想を教えてください。

北大路「シーズン1のときにみなさんが応援してくださった成果だと思いますので、本当に感謝しています。今まで以上にみんなでワンチームを作って頑張っていきたいです」

風間「またこのメンバーで集まれてうれしいです。僕が言うのはおこがましいですが、チームワークみたいなものがどんどんできてきていると思います。そしてそれが自然とキャラクターの人間関係にも投影されているのが面白いです」

上白石「本当に居心地の良い現場なんですよ。シーズン2というより、もうシーズン8くらいやっているような温かな現場で(笑)。チームワークももちろんのこと、現場で流れている空気がすごく心地よく、またここに戻って来られたことをすごくうれしく思っています。若手の義務は成長することだと心得ていますので、少しでも成長できたらと思っています」

──撮影現場で「あぁ『記憶捜査』に戻ってきたな...」と感じた瞬間は?

北大路「風間さんと上白石さんの素敵な人間性に触れたとき"また会えてよかった"と思いました」

風間「すごくありがたいことなんですが、実は撮影をしていないときも北大路さんとお電話させていただいていまして...。なので現場で顔を合わせたとき、"やっと会えた! やっと始まる!"という気持ちでいっぱいになりました。きっと自分自身、待ち望んでいたんだと思います。その気持ちに気づいたときは本当に温かい気持ちになりました」

上白石「私は、撮影がスタートしてから4日ほど、お二人に会うことができませんでした。それが寂しくて...。ようやく現場でご一緒させていただけて、それぞれの役柄の衣装で揃ったとき、"あぁ始まったな!"とさらに気合いが入りました」

──北大路さんと風間さんは、よく電話をされているんですか?

風間「僕だけではなく萌音ちゃんもですよね。ドラマと同じように、普段身の回りで起きていることをお話させていただいています。北大路さんと電話させていただけるなんて本当にありがたいことなので、僕は楽しすぎて時間を忘れ、45分くらい話をしてしまいました。ものすごい長電話(笑)。本当にうれしかったです」

北大路「かけるのは僕なんですよ。お二人の声が聞きたくなって、"どうしているかな?"と思い、ついかけてしまいます。萌音ちゃんはCDを送ってくれたので、そのお礼も言いたくて...。お二人は本当に大活躍でお忙しいんですよ。それが僕はすごくうれしくて、いつも"どうしているのかな~"と声が聞きたくなってしまいます」

風間「電話を引き留めるのは僕なんですけどね」

上白石「本当にありがたいです!」

テレ東プラス
ページトップへ
Twitter Facebook