副業、兼業、リモートワーク。新型コロナウイルスの拡大以前から注目を浴びていた働き方の変化は、コロナ禍で否応なく進んでいる。鳥取県では県として副業や兼業、そしてリモートワーク を使い地域企業の人材不足解消に取り組んできた。10月3日(土)放送の『羽田土曜会』では鳥取県の平井伸治知事をゲストに迎え、都市部人材の活躍に迫った。都市部にいる副業・兼業人材を積極採用鳥取県は日本一人口が少ない県で、地域企業の人材不足という問題を抱えている。そこで県が取り組んだのが都市部にいる副業・兼業人材たちと鳥取の地域企

ページトップへ
Twitter Facebook