テレビ東京では9月7日(月)夜8時から、月曜プレミア8「嫌われ監察官 音無一六 炎上の裏の真実」を放送します。"警察の中の警察"という異名を持ち、警察内部のあらゆる不正を取り締まる監察官。職務を忠実に全うするがゆえに警察内で最も嫌われている監察官だが、天才的な"深読み力"で事件の真相を暴き警察の闇を斬る主人公・音無一六を小日向文世が演じます。これまで5作が放送された人気シリーズが1年2か月ぶりに帰ってきました。一六の弟でコワモテのタクシー運転手・万丈二六を演じる遠藤憲一をはじめ、第6弾となる今回

竜星涼が主演を務める『ドラマ 「家、ついて行ってイイですか?」』(テレビ東京系、毎週土曜23:25~)。9月11日に放送された第6話では、坪倉由幸演じる、闘病中の妻のために毎日笑って過ごす男性の実話をもとにした物語が描かれた(以下、ネタバレが含まれます)。 (尾上寛之)(鈴木杏)

ページトップへ
Twitter Facebook