8月11日(火)夜8時54分からは「開運!なんでも鑑定団」を放送!元上司から「500万円の焼物を預けるので100万円を貸してほしい」とお願いされた依頼人が「本当に価値があるなら貸します」と鑑定団で決着することに。運命の結末は?千葉県で不動産業を営む依頼人は昨年、かつての職場の上司から「500万円の価値がある焼物を預けるので100万円を貸してほしい」と言われて困っている。元上司は「快適な老後に向けてお風呂場をリフォームしたい」というが、依頼人は骨董品の価値が全くわからないので本番組に応募。そして「

4月や10月になるとテレビは新番組が始まる。そうなるとその視聴率を受けて「あの番組、大コケ!」「爆死!」なんてネット記事が踊る。事実そうなんだから仕方ない面はあるのだが、それって本人にとってどれほどショックなのか、ちょっと考えてみました。 まず、本人って誰よ? という問題があります。看板を背負っているタレント? ドラマなら主演俳優? スタッフも本人なのか? 視聴者でめちゃめちゃ愛してくださる人にも当人意識はあったりするのでは?? 自分の応援が足りないからこんな結果になっちゃったんじゃないか...

ページトップへ
Twitter Facebook