adomachi_20200808_01.jpg
8月8日(土)よる9時からは、「出没!アド街ック天国~銀座2020~」を放送。

今回は「銀座2020」と題し、コロナ自粛を経て、新時代に向けて奮闘中の街の王様・銀座の今に迫ります。インバウンドのない中で、老舗も新店も銀座プライドを胸に新たなステージに向かいます。おうちで楽しめる銀座の味から日本初上陸の美味、星付きの注目店や地下フードフロアの極上グルメまで珠玉のオンパレード! エコバッグやマスクなどにもにじむ銀座らしさや若き主人たちの絆を感じましょう。最新の銀座をお届けします。

〇銀座のマスク&エコバッグ

adomachi_20200808_02.jpg
銀座ならではの個性派マスクに注目。1935年創業「GINZA TAILOR」ではスーツに似合うマスクを提案。「ビスポークマスク」は、高密度なコットン生地を立体裁断しフィット感を高めている。帽子店「銀座 ボーグ」は、帽子をオーダーすればその帽子に合わせたマスクも注文可能。これまでに「お花が溢れるマスク」というコンセプトで、造花を全面にあしらったマスクなども製作している。老舗高級テイラー「壹番館洋服店」では、なんとポケットチーフがエコバッグに変身。スーツの裏地のあまりで作って欲しい、という顧客の要望で誕生した。「松屋銀座」のイチオシは、エコバッグにも使える風呂敷。なんと10リットルもの水を運べ、災害時に役立つ仕様のものも。圧力を加えるとシャワーにもなる優れもの。

〇おうちで銀座の味

テイクアウトやデリバリーの需要が高まる中、銀座の老舗も続々対応している。「銀座木村家」3Fの洋食グリルでは、自家製パン付きで15種類のメニューをテイクアウト可能に(ビーフシチューほか)。大正14年創業「三笠会館」は和洋中7つのレストランなどが入る美食のデパート。この度、なんとコース料理のデリバリーを開始。たとえば鉄板焼きなら、シェフが焼き上げた肉を瞬間冷凍して配送し、湯煎で味わえるように。

〇UNIQLO TOKYO

6月にグランドオープンしたばかりの、ユニクロのグローバル旗艦店。内装のデザインは佐藤可士和やスイスの建築家ユニットが手掛け、大きな吹き抜けが印象的。注目はここだけで販売される、銀座のお店のロゴがプリントされたTシャツ。さらに、銀座のお店のスタンプなどを使い、その場で自由にTシャツやトートバックをデザインすることも可能。

【ゲスト】
尾上右近指原莉乃
【VTRゲスト】
大地真央

どうぞお楽しみに!

テレ東プラス

ダウンタウン・松本人志が​​主宰する人気番組『人志松本のすべらない話』シリーズ。現在、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、2004年に放送された記念すべき第1弾を含む、厳選された10回が期間限定で無料配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook