2020年、突如世界を襲ったコロナ禍。未曾有の事態に日本国内だけでなく世界中が不安に包まれる中、『ワールドビジネスサテライト』では医師、研究者、ミュージシャン、経営者など各界で活躍する著名人たちが贈るリレーメッセージコーナー「コロナに思う」を4月3日からスタートした。このたび、この人気コーナーが書籍化。『コロナに思う 34人のリレーメッセージ』(日経ビジネス人文庫)として出版される。発売を記念し、今記事では文庫には載りきれなかった投資家のジム・ロジャーズ氏の回(6月23日放送)を紹介する。世界を

2020年は新型コロナウィルスの影響でわたしたちの生活がすっかり様変わりしてしまいました。マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、手洗い、アクリル板による仕切りなど様々な対策が定着しました。そしてテレビの中もまた、それらの対策がしっかりと取られています。もちろん、それによって番組には何らかの影響が出ているわけです。 そこで“コロナ禍のテレビ”について視聴者アンケートをとりました。あなたはコロナ禍のテレビ、どう観ていますか? 何に違和感を覚えますか? まずはこの質問から。 Q...

ページトップへ
Twitter Facebook