人情派の弁護士が難事件に挑む小杉健治の名作をドラマ化! 殺人事件の被疑者の弁護を引き受けた梶原藤子が二転三転する供述に翻弄されながらも真実に迫る痛快サスペンス!テレビ東京では、5月4日(月)夜8時より、月曜プレミア8「小杉健治サスペンス 当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル」を放送!日の出ふ頭の湾岸倉庫からIT企業社長・城山錦司(羽場裕一)の刺殺死体が発見される。事件現場から車で走り去った無職の大木悟(荒川良々)が犯人として逮捕される。当番弁護士を依頼された梶原藤子(松下由樹)が接見するが、大木は

柴咲コウ主演の土曜ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第8話が11月28日に放送。インターネット上では、柴咲の豹変ぶりや投げかけてくる言葉に心を動かされる人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook