6月18日(木)夜10時放送の「カンブリア宮殿」は、突然世界を襲った新型コロナウイルス。島津製作所とテルモの、100年のものづくりがいかに命を救ったのか。医療機器メーカーとしての新型コロナとの戦いを取り上げる。重症患者が次々生還「エクモ」の大活躍! テルモの次なる秘密兵器とは?新型コロナの重症患者治療で必要不可欠となったのが、低下した肺の機能を回復させるための人工肺システム・ECMO(エクモ)。世界に先駆けて高性能の人工心肺装置を開発したテルモは、エクモでも国内トップシェアの実力を誇り、今回も1

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して応援している。 今回は、アンビグラムと

ページトップへ
Twitter Facebook