6月11日(木)夜10時放送の「カンブリア宮殿」は、新型コロナの影響で、特に観光関連は壊滅的なダメージを受けている。その中の一つが千葉県にあるローカル鉄道「銚子電鉄」。最大の危機をジリ貧鉄道会社はどう凌ぐのか?絶対にあきらめない! "ジリ貧鉄道"のサバイバル経営術千葉県銚子市を走る片道20分、全長わずか6.4キロのローカル鉄道・銚子電鉄。例年なら観光客でにぎわうゴールデンウィークも、新型コロナの影響でガラガラ。壊滅的なダメージを受けているのだが、この鉄道には危機を乗り切る最大の武器が・・・そう「

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して応援している。 今回は、アンビグラムと

ページトップへ
Twitter Facebook