4月の緊急事態宣言発出から約1ヵ月半...わずか数週間で、テレビ業界は大きく変わった。バラエティ番組はスタジオ収録がほぼなくなり、過去の総集編・傑作選のほか、タレントのリモートによる出演が増えるなど新たな可能性を模索している。ドラマは......というと、先頃、NHKが大河ドラマと連続テレビ小説の放送を6月中に中断すると発表。余裕をもって撮影がなされていた大河と朝ドラですら"ストック"がなくなり、各局が収録を自粛して以降、元の状況に戻れずにいる――。そうした中、5月25日に東京を含む5都道府県で

菅田将暉が主演を務める月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第1話の「見逃し配信」が、フジテレビ歴代最速で100万再生を突破。その後第2話が始まるまでの1週間(1月10日~17日)の見逃し配信再生数が、424万再生を記録したことが同局より発表された(FOD、TVer、GYAO!、Yahoo!の合計値)。

ページトップへ
Twitter Facebook