売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。4月23日(木)の放送では、バズったインフルエンサーが数多く登場し、知られざる裏側や(秘)テクニックを大暴露。ここでは、詐欺メイク動画で人気のYouTuberまあたそさんを紹介!

jikkuri_20200424_02.jpg
「岡山が生んだ奇跡のブサイク」と自称するまあたそさん。YouTubeを始めるまでごく普通の一般人だった彼女だが、2年半で登録者数は何と170万人超え(4月14日現在)。芸能界で大成功しているカジサックと並ぶほどの勢いだ。

彼女は詐欺メイク動画で人気だが、テレビでこすりまくっているよくある普通の詐欺メイクとは違う異質なものだった!?

jikkuri_20200424_03.jpg
まずは、本当のすっぴんからスタート。

jikkuri_20200424_04.jpg
想像以上の姿に、番組MCの名倉潤も「なかなかのブサイクやな!」と衝撃。

jikkuri_20200424_05.jpg
まあたそさんは、自分がブスだとイジリながらメイクを開始。岡山弁でしゃべりながら、メイクを進めていく。

jikkuri_20200424_006.jpg
さらにはこんなメイクも!

jikkuri_20200424_07.jpg
そしてこちらがメイク終了時のアフター顔。

jikkuri_20200424_08.jpg
MCの河本準一も「誰やねん!」とツッコミを入れるほどの変わりぶり!

名倉も「めっちゃかわいなってた。明るいブサイクっていうのが素適じゃない」と高評価。まさに、その親しみやすさがバズった秘密だった。

よく見られる動画は、もともと美人だった女性がメイクするというもの。しかし、そのメイクに憧れても"自分には無理かも"と思ってしまう中、ちょっぴり美人とは言いがたいまあたそさんの容姿は親しみやすく、そんな彼女の等身大の詐欺メイクだからこそ女性たちから圧倒的な支持を得た。

jikkuri_20200424_09.jpg
「化粧があまり得意じゃなくて好きじゃないから化粧品だけ持って雑談しとる。岡山弁だから、みんな物珍しくて見てくれる」とまあたそさん。

親しみやすい容姿に、最新のメイク用品を使用することでの情報性、さらに今ブレイク中の千鳥のように親しみやすい岡山弁でたわいのない雑談をしながらでメイクを行っているところからバズったと分析。

jikkuri_20200424_10.jpg
そんなまあたそさんのMAX月収だが、彼女いわく「ウチのお母さんが管理しとって。『あんたは絶対金額知らんほうがええから』って教えてくれなくて知らないんですよ」と。毎月、自分が自由に使っていいのと、経費で使っていいのを合わせ金額をお小遣いとしてもらっているとか。

しかし、YouTuberの広告収入は登録者数+再生回数が増えるほど多くなり、また企業から商品のプロモーションを委託されて動画内で紹介することでさらに収入が得られることも。一般的には登録者数1000人と、4000時間以上の再生合計で広告がつくと言われていす。

よって登録者数170万人超えのまあたそさんの年収はかなりエグい金額になるとスタジオでは推定。ゲストの 年商20億円のカリスマ実業家・辻敬太さんは「自社化粧品とか作れば、無料で流しているものをお金にできるんじゃないか」と提案した。

この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

テレ東プラス

テレビ東京が誇る大食いスターたちが、さまざまなグルメを食べ尽くす「デカ盛りハンター」(毎週金曜よる7時25分)。1月22日の放送では、デカ盛りハンターの絶対的エースことMAX鈴木が、総重量6㎏の「超巨大!韓国版アメリカンドッグ」(※2月末まで平日限定。1週間前要予約。16,800円)に挑戦した。【配信終了:2月5日(金)】動画はこちらMAXとMCの向井慧(パンサー)が訪れたのは、2019年に日本に初上陸した東京・下北沢の「ミョンラン時代ホットドッグ」。韓国を中心に世界673店舗を展開する人気店の

ページトップへ
Twitter Facebook