4月4日(土)の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分)は、「相方笑わせ王決定戦」を放送。コンビ芸人、トリオ芸人たるもの、お客さんを笑わせる前に、まずは相方を笑顔にさせなければならない! 何も知らない相方をいかに笑わせられるかを競うドッキリ系の新企画に、宮下草薙宮下兼史鷹草薙航基)、ハナコ菊田竜大岡部大秋山寛貴)の2組が参戦した。

god_20200406_image02.jpg
企画趣旨を聞いた劇団ひとりは、「おぎやはぎの楽屋なんか、笑いが絶えないもんね。隣だから、聞こえるのよ(笑)」と、おぎやはぎ(小木博明矢作兼)が超仲良しコンビであることを明かした。

god_20200406_image03.jpg
今回は、Paraviで配信するニセ企画の打ち合わせ兼事前収録というシチュエーションで呼び出し、いかに多く相方を笑わせるかを競いあう。挑戦するのは、宮下草薙の宮下、ハナコの菊田と岡部。

god_20200406_image04.jpg
宮下は、「草薙は僕がツボなんですよ」「2人きりの時はめちゃめちゃ笑う」と自信満々。楽屋でも2人でいろんな話をしているそうで、「あいつは芸人のミスを僕に伝えているときが一番楽しそう」と草薙の腹黒い部分を暴露した。

god_20200406_image05.jpg
相方を熟知する宮下が、草薙を笑わせるため4つの作戦を用意。

god_20200406_image06.jpg
ディレクターとの打ち合わせする宮下は、まずは所属事務所の先輩・ブラックパイナーSOSがライブで最低ランクに落ちた際、「SOSの部分、赤く見えるわ」とのエピソードトークを仕掛けるも、草薙からは笑いを引き出せず。

god_20200406_image07.jpg
次に宮下は「モノマネ作戦」へと移り、草薙の話し方のモノマネをし、初めて草薙の笑いをゲット。

god_20200406_image08.jpg
しかし、スタジオのレギュラー陣からイヤモニを通じて、モノマネを続けるように指示があり、しつこくモノマネを繰り返す宮下に、草薙は「どうしたの?」と戸惑い始める。

god_20200406_image09.jpg
乗ってきた宮下は、「怒られ作戦」へ。普段、宮下が誰かに怒られると草薙が笑うことから、ディレクターが「ふざけすぎじゃないですか?」と宮下へキツめの注意を。しかし、草薙は笑わず不発に終わった。

god_20200406_image10.jpg
ディレクターらスタッフが一旦退席した途端、「佐久間さんじゃなぇのによ、偉そうにしやがって」ディレクターの悪口を切り出す宮下。

god_20200406_image11.jpg
「ブラックパイナーの話だって絶対面白いよな」という宮下の問いかけに、「知らないんだから、ブラックパイナーさんなんて、誰も」と答える草薙に、同じ事務所の劇団ひとりも「それは失礼だろ」とスタジオで思わずツッコんだ。

god_20200406_image12.jpg
その後の宮下は一気に畳み掛けようと、コンビ結成時の草薙の顔写真をプリントしたTシャツ姿となり、梅沢富美男への悪口や、アントニオ猪木のものまねでディレクターへ悪態をついて、どうにか草薙の笑いを誘おうと試みる。

だが、草薙は真剣な表情で必死に宮下を制止し、しまいには「やめておこう」と首を締めたため、モニタリングしているレギュラー陣は爆笑!

god_20200406_image14.jpg
スタジオで企画趣旨を明かされた草薙は、「笑える状況じゃなかった」と地獄の空気を振り返り、さらなる爆笑を誘った。

god_20200406_image15.jpg
2人目は、ハナコの岡部が、秋山の笑わせに挑戦。同じくディレクターとの打ち合わせという設定で、岡部は秋山をやたら子供扱いする「チャイルド作戦」、秋山の笑いの原点だという「Mr.ビーン作戦」。

god_20200406_image16.jpg
徐々に秋山の笑顔を引き出すが、途中からスタジオのレギュラー陣の悪ノリが始まり、秋山のイヤモニに何も指示を送らなくなると、焦る岡部の表情が奇跡的にMr.ビーンのようになり、スタジオは大笑い。

god_20200406_image17.jpg
さらには、なぜか菊田がMr.ビーンに扮した"キクター・ビーン"が投入されるなど、カオスな展開となった。この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

次回4月11日(土)深夜1時45分からの「ゴッドタン」は、3年ぶりの実施となる「ザ・大声クイズ16」を放送。ダイアン津田篤宏に大声を出させるべく、レギュラー陣や相方のユースケ、清水あいりがクイズそっちのけであの手この手を繰り出す...。お見逃しなく。

テレ東プラス

【配信終了:2021年6月17日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。6月10日(木)の放送では、官能小説界のレジェンド作家・睦月影郎さんが、成り上がり伝説から小説執筆の裏側まで大暴露!現在65歳の睦月さんは23歳の時に官能小説家としてデビュー。美少女系、熟女系をはじめ、ジャンルに囚われない作風で人気を博し、600以上の作品を発表した官能小説界の文豪だ。レジェンド級の睦月さんのMA

ページトップへ
Twitter Facebook