画像素材:PIXTA1円、10円、100円、1000円、10000円。私たちが普段当たり前に使っているお金の単位は「円」です。でも、この「円」ってなんのことなのでしょうか?明治時代から使われている「円」そもそも「円」という単位は、明治時代の初頭から使われるようになりました。1871年(明治4年)、明治政府は「新貨条例」を作り、「円」というお金の単位を定め新硬貨を作りはじました(他には「銭」「厘」という単位もありました)。そんなことある? 「円」の理由ははっきりとしていない。画像素材:PIXTA実

4月1日(水)日本テレビほかで放送の「バゲット」では、春の新生活におすすめの文具を特集。東急ハンズ店員に聞いた「自信を持っておすすめしたい最新文房具」をランキング形式で紹介した。これらの商品は東急ハンズ店舗や、インターネットで購入が可能。※店舗により取り扱い状

ページトップへ
Twitter Facebook