売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。3月4日(木)の放送では、元祖イケメン外国人タレントのセイン・カミュがMAX月収から独立後の意外な近況までを大暴露!

taro_20200307_image02.jpg
セインは元祖外国人プロダクション「稲川素子事務所」の所属タレントとしてデビュー。この世界に入ったキッカケは、高校時代の友人がたまたま事務所にいて、遊びに行った時に社長の稲川素子さんからマネージャーとして採用されたのが始まりだったのだそう。そしてマネージャー兼出演者として芸能界で活動していた。

taro_20200307_image03.jpg
その後、「もっと出る方に行きたかった」ことから事務所を円満退所し、外国人事務所を立ち上げた。そして、1996年から放送された「ラララむじんくん」のフレーズで人気だった消費者金融のCMに宇宙人役で出演。「地球寄ってく?」「いいねぇ~」という軽妙な掛け合いが大流行し、「人気が独り歩きしちゃって」とセイン。営業で各地を回る中、「時間がないから、(宇宙人の)メイクしたまま新幹線乗った」ほど忙しかったそう。

taro_20200307_image04.jpg
そんな中、最高視聴率27%を記録したTBS系の人気バラエティ「さんまのSUPERからくりTV」で、日本人や外国人への街頭インタビューするコーナーを担当して一躍大ブレイク。しかし、当初は「"むじんくん"とセイン・カミュが同一人物と知らない人が多かった」そうで、街頭インタビューを受けてる人を捕まえるのに苦労したとか。

taro_20200307_image05.jpg
その後、ボビー・オロゴンやアドゴニーといった一筋縄ではいかないボケをかます外国人タレントに的確にツッコミを入れるポジションでお茶の間の人気を不動のものに。全盛期ではレギュラー本数は11本も抱えるほどになり、MAX月収は「250万円」だったそう。

しかし、順風満帆だった2004年12月、育休が世間に浸透していなかった当時、出産立ち合いへのスタンスの違いで事務所スタッフと対立してしまったことから事務所を独立。退所後、仕事は激減し、地方の仕事やイベントのMCなどで家族を養っていたという。

taro_20200307_image06.jpg
そんな苦難を乗り越えてきたセイン。現在はドラマやナレーションなど、テレビの仕事を中心に活躍しており、2015年にはYouTubeチャンネルを開設。「自分のやりたいことをやりたい。コンプライアンスが多い中、昔できたことが今はできなくなっている」と、かつての「からくりTV」の街頭インタビューのようなことなどをやっていて再生回数も上がっているそうです。

この放送は、「ネットもテレ東」で期間限定配信中です!

テレ東プラス

≪ゲスト解答者≫EXITおいでやすこが王林(りんご娘)小池栄子丹生明里・山口陽世(日向坂46)生見愛瑠 ≪VTR出演者≫あばれる君岡部大(ハナコ)岡本あずさ菊田竜大(ハナコ)斉藤慎二(ジャングルポケット)高田夏帆柏木由紀ほか

ページトップへ
Twitter Facebook