売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。2月13日(木)の放送では、大ヒットドラマ「全裸監督」のモデルになったAV監督のレジェンド・村西とおるさんが、結婚して数年目に味わった屈辱の寝取られ体験を大暴露!

jikkuri_20200214_02.jpg
登場して早々「お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師、村西とおるでございます」と、小さなホラ貝をプップップッー。村西監督口上、キマッた! さらにマンスリーMCの熊切あさ美にもホラ貝を吹かせ、「ナイスですね」の名言も飛び出した。

そんな村西監督は1984年に監督デビューし、現在でもAV作品に使われている数々の演出を生み出したレジェンド的存在。彼をモデルにし、昨年、動画配信サービスのNetflixで世界190ヵ国に配信され、すでにシーズン2の制作も決まっているドラマ「全裸監督」。その第1話で妻が寝取られている場面に遭遇する波乱の場面あるが、その寝取られた時の経験がAV監督への原動力になったという。

当時は英会話教材のセールスマンとして日本全国を飛び回り、一週間に1日くらいしか家に帰らなかったという村西。そこで寝取られ事件が発生。ある日、帰宅したら2階から「アンアン、ノンノン」という声が。腹痛でも起こして苦しんでいるのではと思ったら、まさに行為の真っ最中。

jikkuri_20200214_03.jpg
「15秒くらいは何も考えられなくなった。なんなんだろうこれは」と、茫然。自分の家で、さらに子どもが2人いるにもかかわらずの行為、そして「それも私に見せたことのないような表情ですよ。コヨーテが叫ぶような声を出している。腰が抜けますよ」と、怒りよりも絶望が浮かんだのだという。

jikkuri_20200214_04.jpg
この騒動を機に妻とは離婚。男として自信を失った村西監督は「1年半くらい経っても情欲とか性欲をまったく持ちませんでした」と。その後、村西監督は会社を辞め、通称ビニ本と呼ばれるエロ本でザイを築き、離婚から10年後に監督デビューした。

jikkuri_20200214_05.jpg
約3000本のAVを撮影した中、「3分の2は彼氏がいたり人妻だったりするわけだから、こちらの方が2000人くらい間男しちゃってる(笑)」と村西監督。親戚の間では"間男された男"と定評があったが、監督デビュー後は「10年後、下半身で素っ裸になって勝負している。親戚の間ではいないことになっているんですよ」と。しかし、エロを突き詰めた結果レジェンドになったのは紛れもなく事実です。

この放送は現在「ネットもテレ東」で配信中!

テレ東プラス

4月6日(月)よる9時からは、「奇跡の生命スペシャル【未来を信じて生きる...人形のような17才少女は今?】」を放送。稀有な病気にかかってしまった子どもたちとその家族に密着する。家族は病気の我が子とどのように向き合っているのか? 困難な状況の中でも懸命に明るく生きる人々の姿を追い、家族の愛と絆を見つめ直す。今回「テレ東プラス」では、100万人に1人といわれる小頭性原発性小人症の患者・ケナディのその後を、特別に先取りで紹介する。※前回の記事はコチラから。常に死と隣り合わせの人生を歩んできたケナディ

ページトップへ
Twitter Facebook