近年、日本酒を温めて飲む「熱燗」を提供する店が増えている。これはきっと、日本酒には温度を上げることで生まれる様々な魅力とメリットがあるからだろう。そこで「熱燗の魔術師」の異名で知られる、池尻大橋『えんじゃく、』の髙木晋吾さんに、熱燗ならではのおすすめポイントを聞いてみた。冷めていく過程にも燗酒の醍醐味がある日本酒の原料は米である。そのため、米が炊かれることでふっくら美味しくなるように、日本酒もまた、温度を上げることでふくよかな味わいが生まれる。これこそが熱燗の醍醐味だ。しかし、ただ加熱してぐいぐ

カウンターが"コの字"の店は、左右、斜め、人の顔が並び、上座も下座もないフラットな場。人と人が触れ合う"コの字酒場"を舞台にしたドラマ「今夜はコの字で」(毎週月曜深夜0時放送)が、BSテレ東にて放送中。今回は、第8話に登場した、"飲んべえの聖地"赤羽の老舗酒場「まるよし」へ。休日出勤を昼過ぎに終えた吉岡としのり(浅香航大)が、コの字上級者の恵子先輩(中村ゆり)に薦められ、昼酒デビューを果たした赤羽屈指の名店だ。赤羽駅の東口を出るとすぐ黄色い看板が見える。店舗の老朽化に伴い、2017年にリニューア

ページトップへ
Twitter Facebook