1月25日(土)夜6時30分より「土曜スペシャル 速水もこみち、定食はじめました。冬の能登~金沢」を放送。芸能界屈指の料理上手・速水もこみちが、普段乗らない路線バスや鉄道を乗り継いで、行き当たりばったりの食材探し! 冬の石川の旬食材を集めて"究極の定食"を作ります。果たして、もこみちが作る"ごはんが止まらない定食のメニュー"とは!?

moko_20200125_image2.jpg
舞台は、ブリや牡蠣に加賀野菜など、冬の味覚の宝庫である石川県。「できれば一汁三菜で、新感覚的な新しい定食を作りたい」というもこみちの旅のお供は、料理が趣味のずん・飯尾和樹と花嫁修業中の浜口京子。石川の魅力が詰まった究極の定食を完成させるべく、まずはスタート地点である「のと里山空港」でバスに乗車!

moko_20200125_image3.jpg
路線バスや列車を自由に使い、1泊2日かけてゴールの金沢市を目指すというルール。その間の行き先はすべて旅人任せということで、早速行き先に迷う3人。

バス停にいた地元の方に「今はブリが獲れる」という情報を聞き、まずは能登半島の中央に位置する穴水町へと向かうことに。"見ている人が真似しやすい料理を作りたい"と語るもこみち。「じゃあピザ窯使ったりとかはしない?」という飯尾の質問に、「本当は使いたいけど(笑)」と本音がポロリ。

moko_20200125_image4.jpg
そうこうしているうち、バスは穴水駅に到着。穴水町は、地魚や海藻などの魚貝類が豊富に獲れる漁師町。日本で初めて世界農業遺産に認定された地であり、農業や林業も盛況。これは期待できそう!ということで、駅前の地図を見てみると、現在地から少し歩いたところに商店街があるのを発見。まずは商店街を目指して歩いてみることに。

moko_20200125_image5.jpg
歩いていると、突然何かを発見し「あーっ!」と大声で叫ぶ浜口。どうやら昔ながらの鮮魚店を発見した様子。「最近、父(アニマル浜口)に似て大きな声出しちゃう」と照れる浜口の手柄で、海の幸GETに一歩近づきますが......。

残念! 午前中は移動販売車で魚を売りに行っているため、店内に魚はないそう。どうしても旬の寒ブリを手に入れたい一行は、移動販売車に戻って来てくれるようお願いし、さらなる情報収集へ。すると、なんとJAの職員をしている女性に奇跡的に遭遇! 地元の食材にとても詳しいらしく、「穴水町では今"のとてまり"が初出荷の準備をしている」という情報をGET。

moko_20200125_image6.jpg
「のとてまり」とは、奥能登の気候風土を生かして栽培される超高級しいたけ。傘8cm以上、肉厚3cm以上、巻き込み1cm以上という厳しい規格を満たしたものを「のとてまり」として出荷しているそうですが、生産量が非常に少なく地元で消費されてしまうため、東京にはほぼ出回りません。12月下旬から出荷し始め、初競りではなんと6個25万円で落札されたこともある超高級品!

そんなレア物がどこで手に入るのかJAの部長さんに聞いて貰ったところ、現在地から少し離れたところに生産者がいるそう。なんとそこまで、車で送ってくれるという嬉しい申し出が! お言葉に甘えて、JA職員さんの運転で「のとてまり」を栽培している方の元へ。果たして、普通のしいたけの1200倍の値がつく、超高級しいたけ「のとてまり」の正体は...?

moko_20200125_image7.jpg
想像以上の収穫を手にした一行は、次なる獲物「寒ブリ」を求めて、先ほどの鮮魚店へ戻ります。移動販売から急いで戻って来てくれたご主人は、毎日20種類もの魚を車に積み、町内で販売しているそう。販売車の荷台には新鮮な魚がぎっしり。その中には、8kgもある巨大な天然寒ブリも! 25000円のところを18000円に負けてもらい、今が旬のスルメイカまでオマケしてくれた太っ腹なご主人。

moko_20200125_image8.jpg
早速イカを捌いてもらい、試食させて貰ったもこみちは「お父さん...い〜感じです、イカだけに」とオヤジギャグ が炸裂(笑)。「ブリ中心で、他にはやってないような定食に仕上げる」というもこみちは、天然の寒ブリをどう料理するのでしょうか? 生でも煮物でもない、驚きの料理を披露します!

「この時期は能登の牡蠣が美味しい」という情報を得ていた3人。今度は日本海側最大の牡蠣の養殖地"七尾湾"を目指し、電車で移動することに。「能登中島駅」で下車すると、次の電車まで約2時間あるということで、牡蠣を探す時間は十分! 「せっかくなら自分たちで水揚げしたい!」と息巻き、牡蠣の水揚げができるお店を探して海沿いを歩きます。

ほどなくして、漁師さんを発見!トントン拍子で話が進み、牡蠣漁に同行させて貰うことに...。

moko_20200125_image9.jpg
この辺りはコンクリートで護岸していないため、陸地の栄養分が海へ流れ込み、牡蠣の養殖には最適だそう。プランクトンが豊富な海で育つ能登かきは成長が早く、一般的な牡蠣は育つまで2~3年かかるところ、なんと1年で出荷可能になるといいます。

moko_20200125_image10.jpg
水揚げしたばかりのプリップリの能登かきは、3つ目の食材に決定! とここで、突然漁師さんが「牡蠣に針をかけて、魚が釣れるかやってみたら?」と驚きの発言。なんとも贅沢ですが、牡蠣を餌にして釣りができるとのこと。しかも牡蠣棚には魚が寄ってくるため、「誰がやっても釣れる!」と豪語する漁師さん。果たして、そんなに簡単に釣ることができるのでしょうか?


moko_20200125_image11.jpg
旅の続きは、1月25日(土)夜6時30分放送「土曜スペシャル 速水もこみち、定食はじめました。冬の能登~金沢」を、ぜひチェックしてください!

テレ東プラス

「石ちゃんwithウエンツカメラマン」ウエンツがディレクター兼カメラマンとなり、石ちゃんに美味しいグルメを楽しんでもらう新企画!ウエンツカメラマン!今回は過去のアポなし旅で訪れた人気のお店にウエンツが電話でアポ取りに挑戦!アポ取りに成功したお店に石ちゃんといざ

ページトップへ
Twitter Facebook