ある日、大切な人が亡くなったら、私たちはその死をどう受け止めれば良いのでしょう。それは誰もが直面する問題です。その答えを探るために、死別の悲嘆に苦しむ人たちへの支援活動を行っているNPO法人「生と死を考える会」に足を運びました。いったいどんな活動をし、生と死に向き合っているのでしょうか。理事長と事務局長のおふたりにお話をお聞きしました。大切な人を亡くした遺族が訪れる『分かち合いの会』とは?──「生と死を考える会」の活動内容について教えてください。理事長「主な活動は3つです。死別体験者が集まり話し

2月19日(水)日本テレビほかで放送の「バゲット」は、東急ハンズの「春の文具祭り2020」で見つけたアイデア文房具を特集。東急ハンズ 文房具バイヤー 大瀬素子さんに聞くと「今までなかったような機能を備えた物が出てきています」という点と「女性向けのかわいい物も増

ページトップへ
Twitter Facebook