2020年も半月が経ち、日常のペースを取り戻してきた頃。今年はどんな年になるのでしょう。自分の運勢を知れば、正しい目標を立て、効率よく努力することができます。

様々な専門家が役立つ生活情報を提供する番組「なないろ日和!」(毎週月~木午前9時26分~放送中)から、占い師・数野ギータさんに「2020年の運勢」についてお話をうかがいました。

nanairo_20200119_01.jpg

2020年はどんな年?

「東京2020オリンピック」という国際的な大きな行事も控える2020年、全体的な運気や流れはどんな年になりそうでしょうか。

2020年は「安定」の年
数秘術では、2020年は2+0+2+0=「4」。タロットでは「皇帝」のカードである「4」は、どっしりとした四角形の形状からもわかるように「安定」を意味します。

「安定の年である2020年は土台づくりの年です。経済的な基盤や、自身のアイデンティティを、しっかりと形作ることを心掛けると良いでしょう」(数野ギータさん、以下同)

その「安定」の流れの中、2020年末に占星術的に非常に大きな変化が起こります。長きに渡り強かった、土地・お金など形あるものを作る「土の星座」から、「風の星座」へと移行し、新しい時代を迎えます。

「『風の星座』がもたらす具体的な変化の1つは『データ化』。近年進んでいるキャッシュレス化などを含め、2020年末からは様々な分野でデータへの移行が加速していきます。新時代に向け、ITやデータに詳しくなっておくこと、全てが自身の責任になるためぶれない自分を作ることなどが重要。次の風の時代に乗っていくためにも、12月末までの基盤固めが大事な年になります」

2020年の運勢 12星座ランキング

基盤固めが重視されるため、しっかりと地に根付く「土の星座」(やぎ座・おうし座・おとめ座)が強い年に。中でも、2020年に天体が集中する"やぎ座"は12年に一度の好運気! その他の星座は? 2020年の運勢ランキングを発表!

nanairo_20200119_02.jpg画像素材:PIXTA

【1位】やぎ座(12月22日~1月19日)
地に足のついた地道な取り組みが得意なやぎ座は、星回りと自身の特性を活かして飛躍する方が多くなるでしょう。

【2位】おうし座(4月20日~5月20日)
本物をしっかりつかむのが得意なおうし座。変化を受け入れることができれば、持ち味を発揮できるでしょう。

【3位】うお座(2月19日~3月20日)
昨年までは運気があまり良くなかったですが、今年は星回りが落ち着いてきました。周りが応援してくれるようになるので、SNSなどで自己アピールをすると◎

【4位】さそり座(10月24日~11月22日)
頑張った成果が出てくる年。これまで努力してきた人は報われるでしょう。

【5位】いて座(11月23日~12月21日)
努力した人には幸運がやってきます。我慢強く頑張ることが必要。

【6位】しし座(7月23日~8月22日)
勢いあり。しし座は自分がご機嫌な方が運気がいいですが、今年は人のために力を使うと自分の運気も上昇します。

【7位】おひつじ座(3月21日~4月19日)
勢いがあるので、上を目指すといいでしょう。立ち止まるより前進する行動をとったほうが自己実現に近づきます。

【8位】かに座(6月22日~7月22日)
出会いや人間関係に関する運が特に良いです。今まで以上に、パートナーや友達に恵まれるでしょう。

【9位】おとめ座(8月23日~9月22日)
キチキチしすぎると凝り固まって身動きがとれなくなってしまいがち。ちょっと大胆に、遊び心を忘れないよう心掛けましょう。

【10位】てんびん座(9月23日~10月23日)
自分探しの年なので、マイペースに、毎日を丁寧に。周りに合わせるのが得意だからこそ、振り回されすぎて疲れすぎないように意識することが大切です。

【11位】ふたご座(5月21日~6月21日)
種まきの年。あせらずゆっくり、芽が出るのを待ちましょう。レベルアップを目指したり、再挑戦をすると良いでしょう。

【12位】みずがめ座(1月20日~2月18日)
精神的成長の年。変化する世の中に不安を覚えがちになりますが、不安になるのは向き合えているという点で良いことだと捉えましょう。何か目標を立てて取り組むと、世の中の変化に押し流されずに過ごせます。

nanairo_20200119_03.jpg画像素材:PIXTA

2020年、この人に注目!

2020年、スポットライトを浴びる人、活躍しそうな人、いい意味でも悪い意味でも注目されそうな人は?

「いて座」は昨年頑張った芽が出る年
「いて座」の人は、2017年くらいからの頑張りが遅れて報われる年。昨年あまり振るわなかった方も、成果を出す方が多いでしょう。オリンピックで「いて座」のアスリートの活躍にも期待!
今年ますます活躍しそうな「いて座」の芸能人:林遣都

地道に努力する「やぎ座」は注目を集める
今年最も調子が良い「やぎ座」の人は、やはり注目を集めやすいでしょう。地道に努力してきた人は目に見える成果がより出やすいかも。
今年ますます注目を集めそうな「やぎ座」の芸能人:佐野勇斗

「しし座」は炎上に注意
華やかな方が多い「しし座」。基本的に調子は悪くないものの、お気楽で言ったひとことが炎上を引き起こしてしまうことも。普段から気を遣っていれば問題ありませんが、王様・王女タイプの方は発言や行動に注意するようにしてください。

コツコツ努力してきた人が報われる年になるという2020年。ランキング下位の方も運勢が悪いというわけでなく、苦手なことが求められる年になるのだとか。結果に気落ちせず、目の前のことに忍耐強く向き合うことで幸運を引きよせましょう。

取材協力:数野ギータさん。占い師。オーラソーマ(R)カラーケアシステム、数秘、タロット、西洋占星術、クリスタルヒーリングティーチャー&セラピスト。各種占い原稿執筆、カルチャーセンター講師、各地イベント、電話・ネット占いでも活動中。大阪にて隠れ家的スピリチャルサロン&スクール「Angelica~For Soul~」主宰。資格コース、セミナー活動も行う。
オフィシャルHP

数野ギータさんも出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。毎週月~木曜9時26分からのOAも要チェックです!

(取材・文/ササキノノカ)

テレ東プラス
ページトップへ
Twitter Facebook