2020年1月9日(木)深夜1時からスタートするテレビ東京の新ドラマ『ゆるキャン△』。原作は250万部突破の大人気コミックで、2018年のアニメ版も大好評。11月に実写ドラマ化が発表されるとTwitterトレンド入りするなど話題を呼んだ。ソロキャンプを愛するクールな主人公・志摩リンを演じるのは、映画『羊とオオカミの恋と殺人』など映画、ドラマで主演を果たし、脇役でも印象深い演技を見せるなど2019年大きく飛躍した女優・福原遥だ。テレ東プラスでは福原をインタビュー。これまで演じたことのないタイプの役

転がるパチンコ玉を、九重(岡田健史)はキャッチできなかった。それが、すべてを表していた。 『MIU404』(TBS系/毎週金曜22:00~)第3話は、何気ないワンシーンがこれから起こる悲劇を暗示する、脚本・野木亜紀子の巧みな筆力に酔いしれるような回だった。 成川を追いかけたのが伊吹だったら、運命は変わっていたのだろうか 「自分の道は自分で決めるべきだ。俺もそう思う。だけど、人によって障害物の数は違...

ページトップへ
Twitter Facebook