10年後......5年後の未来予測では意味がない! カギとなるのは「1年後」。1年後には、開業前の病院に「行列」が当たり前になる⁉ ニッポンの空は女性が操縦するドローンでいっぱいに⁉ ジャンクなイメージの強いハンバーガーを、食べて健康になる人が激増⁉ 新語・流行語大賞にもノミネートされた「サブスク」がさらに広がり、たった月4万円で別荘が持てる⁉ さらに、あることを知っていればメルカリで楽に儲けられる⁉

1nengotv_20200105_bussines_13.jpg
あなたの知らない驚きの「1年後」を紹介する超近未来経済予測番組「1年後のニッポンがわかるテレビ!」が、1月6日(月)夜10時14分より放送。スタジオでは、澤部佑ハライチ)、山口もえミッツ・マングローブ小芝風花が、1年後のニッポンをいち早く体験する。


ここでは、放送を先取りして、1年後の「顔認証」を紹介。

1nengotv_20200105_bussines_001.jpg
今や、スマホにも使われている「顔認証」。1年後、澤部は週刊誌から逃げられなくなる⁉

1nengotv_20200105_bussines_002.jpg
今年、56年振りに行われる「東京オリンピック」。そこで、日本のある技術が注目を集めている。それは「顔認証」。選手村には、顔認証の入出場ゲートが設けられるという。

1nengotv_20200105_bussines_003.jpg
さらに、この「顔認証」、身近な場所でも導入の予定。大阪の地下鉄では、2024年度までに全ての改札で導入されるとのことだ。

1nengotv_20200105_bussines_004.jpg
実は、日本の顔認証技術は世界トップクラス! 事前に顔写真を登録すると、その人の顔の特徴を瞬時に識別。その精度は、なんと99.5%! 識別に要するスピードも想像以上で、スタジオの澤部らも「速いね~」と驚きの声を。

1nengotv_20200105_bussines_005.jpg
さらに、マスクで顔が隠していても、サングラスで目元を隠しても、一瞬で識別。

1nengotv_20200105_bussines_006.jpg
つまり、澤部がマスクやサングラスで顔を隠し変装しても、簡単に浮気がバレてしまうのだ。

そんな芸能人泣かせの「顔認証技術」、実は今、さらなる進化を遂げている! 若かりし頃の写真であっても顔を見分けられるというのだ。そこで番組で実験し、最新顔認証技術を大公開!

1nengotv_20200105_bussines_007.jpg
こちらは、58歳の男性。今とは似ても似つかぬ30年前の写真から特定できるか実験。

1nengotv_20200105_bussines_008.jpg
すると、わずか数秒で特定!

1nengotv_20200105_bussines_009_001.jpg
さらに、大勢にまじっても、迷うことなく一瞬で特定した。

開発を手掛けるNECデジタルプラットフォーム事業部・主任の山田道孝さんの話によると「パスポートですと10年前の昔の写真と今の写真の照合とかに需要がある」とのこと。暮らしを便利にしてくれる顔認証技術。1年後、あらゆるものが「顔パス」になるかもしれない!

スタジオの面々も、身近な「顔認証」の知られざる進化にビックリ。ミッツ・マングローブは、「スマホの顔認証ってあれまあまあ私らみたいな人って結構してくれないのよ。朝起きたとき全然電源入らない。それも徐々に解決されつつあるわけで。駅の改札なんて出勤前と帰るとき顔違うからね」と笑わせながらも、そのすごさを称賛した。

番組では、この他にも記事冒頭で紹介した様々な1年後について紹介。これを見れば、1年後得すること間違いなし!?


「1年後のニッポンがわかるテレビ!」
【放送日】1月6日(月)夜10時14分~11時24分放送
【内容】
今は小さな芽だが、1年後には流行すること間違いなしといったサービスや商品を紹介。その裏には実は、格差の拡大や環境問題など日本が抱える様々な社会問題がある。そんな一見すると難しい問題を、この番組はわかりやすくビジュアル化していく。
【出演者】澤部佑(ハライチ)、山口もえ、ミッツ・マングローブ、小芝風花
【解説】池谷亨(テレビ東京チーフコメンテーター)、田中陽(日本経済新聞社 編集委員)

番組ホームページ

テレ東プラス

4月6日(月)よる9時からは、「奇跡の生命スペシャル【未来を信じて生きる...人形のような17才少女は今?】」を放送。稀有な病気にかかってしまった子どもたちとその家族に密着する。家族は病気の我が子とどのように向き合っているのか? 困難な状況の中でも懸命に明るく生きる人々の姿を追い、家族の愛と絆を見つめ直す。今回「テレ東プラス」では、100万人に1人といわれる小頭性原発性小人症の患者・ケナディのその後を、特別に先取りで紹介する。※前回の記事はコチラから。常に死と隣り合わせの人生を歩んできたケナディ

ページトップへ
Twitter Facebook