現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜夜10時)。12月13日(金)は、ゲストに歌手の小林幸子、お笑いコンビ・オードリー春日俊彰を迎え、「こんなに安くて大丈夫!?激安を生む㊙ワザ」を放送。人々が愛してやまない、激安の裏側を紐解く。

「テレ東プラス」では、その中から「ツバメに奥様殺到!? キッチン用品の秘密」を先取りでお届け。女性が殺到するキッチン用品の激安店を紹介し、なぜ激安で売ることができるのか...その謎に迫る。

新潟・燕市に年間約27万人が訪れる激安スポットがある。町外れにあるキッチン用品店「ストックバスターズ」。商品の9割が世界的に認められている燕三条のメーカーが扱うもので、とにかく安い。

フッ素加工したミニフライパンは定価1600円が385円、定価4000円のステンレス製しゃぶしゃぶ用鍋が880円。定価の半額以下という格安商品が店内にズラリと並ぶ。

mikata_20191213_02.jpg
同店の駐車場は、大宮、長野、三重など県外ナンバーも目立ち、大型バスでやってくるツアー客も! 燕三条製のクオリティが高い商品が格安で手に入ると口コミで話題になり、県内外から多くの人が訪れるのだ。中には「親戚用に!」と買い物かご一杯、鍋を購入しているお客も...。激安はいつでもどこでも女性たちの味方なのである。

それにしても、なぜこんなに安いのか。同店店長に尋ねると「ワケありの商品だから」とのこと。番組取材班はメーカーを直撃し、理由を探った。

mikata_20191213_03.jpg
ステンレス製の鍋を作る「丸山技研」(1955年創業)。工場奥の検品場では、最終検品が行われている。完成品を並べる台とは別のカゴに工員が鍋を入れていく。聞けばカゴに入れた鍋は不良品で、1ミリ程度の傷があるという。

丸山技研の製品は、ギフトカタログなど贈答用がメイン。見た目重視のため、わずかな傷でも出荷することができない。ストックバスターズの商品の多くはこうしたワケあり商品なのだ。

mikata_20191213_04.jpg
傷以外のワケありもある。棚にある高級ケトル(9900円)は、中心より少し注ぎ口が曲がっているものの機能には問題がなく、なんと2750円で売られている。他にも新品のコーヒーメーカー(2380円)が550円で売られているが、理由は箱の破損とのこと。店に破損した箱が並んでいると新品かどうか疑われるためだそう。

また店内には、窯焼きピザを出し入れするピザピール(29500円→880円)や、大きめの野菜水切りバット(21000円→5000円)などプロ仕様の商品も。これら業務用は傷もなく正規品と全く同じだという。

プロ仕様の商品が安い理由を知るべく番組取材班が向かったのは、業務用製品のシェア1位を誇る「三宝産業」。同社の社員によれば「10個注文が入ったら何かあったときのために12個か13個、とりあえず作る」とのことで、ストックバスターズではその余り物が販売されている。

職人の技が光る確かな商品が激安! 大繁盛しているストックバスターズは新潟県内に2店舗あり、年商約5億円。この激安販売店ができる2002年以前はどんな状況だったのか。

mikata_20191213_06.jpg
丸山技研の専務取締役は「今まではスクラップとして廃棄しかなかった。廃棄すれば0円だったが激安とはいえ販売することで次の商品開発や生産に結びつけられるようになった」と話す。完璧へのこだわりがあるからこそ生まれるワケあり品は激安で販売され、再び価値を与えられていたのだ。

番組ではその他、「大都会の一角で!ありえない激安グルメ」「掘り出しモノ!激安物件にはワケがある」などを放送する。必見の激安情報が満載なので、どうぞお見逃しなく

テレ東プラス

【配信終了:2021年6月30日(水)】動画はこちら不用意発言禁止! 裸のトークバラエティ「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)。6月16日(水)の放送は、「オードリーの心に刺さった未公開SP&パンサー向井プレゼンツ反省ノートSP後編」。前回に続き、向井慧(パンサー)、平子祐希(アルコ&ピース)、福田麻貴(3時のヒロイン)、吉住が来店し、オードリーを含めた6名が反省ノートを発表!吉住、こんなスタッフには「ぜってぇ負けねえ」吉住の反省ノートはこちら。闇が深すぎる......!?

ページトップへ
Twitter Facebook