Twitter社は28日、論議を呼んでいた「休眠アカウント削除」の施策について再考すると発表。ユーザーに混乱を招いたとして謝罪した。Twitter社は今週、6か月以上ログインしていない「休眠アカウント」の所有者に対し、12月11日までにログインしない場合、アカウントを削除するとの警告をメールで送付した。同社は休眠アカウントの削除により、使われていないアカウント名を開放し、サービスの信頼性を向上させるとしていたが、ユーザーからは故人の過去のツイートや追悼の声も削除されてしまうと反発の声が上がってい

ページトップへ
Twitter Facebook