安い服でも、ひとたびつければ一気に高級品になるーー。そんなブローチがTwitter上で話題となっている。その名も「高い値札のブローチ」宝石店や時計店の値札をイメージしたブローチで、たしかに服につければ値段が上がったように見える。10月24日、このブローチをスーツにつけた画像がTwitterにアップされると瞬く間に拡散。投稿は5万リツイート、19万いいねを集めている。テレ東プラスでは、このブローチをつくった「卒業生代表プロダクツ」の木村さんを取材した。「もともと商店の看板やスーパーのPOPなどのデ

ヒット商品を連発する「無印良品」。その理由の一つに、“誰が行っても「これ欲しかった」「ちょどいいな」と思う商品が置いてある”という点があります。そこには「無印良品ならではの商品開発」の戦略がありました。 戦略① 「バージョン違い」を取りそろえる 無印良品の看板商品

ページトップへ
Twitter Facebook