六本木に昨年オープンした「格之進肉学校 六本木分校」。"学校"の名にふさわしく、ただ熟成肉を食べられるだけでなく、牛肉について学び、体験し、交流し、発信する......。3つの店舗で構成される、熟成肉専門ビルです。門崎熟成肉の専門店「格之進」を首都圏に9店舗展開する、株式会社門崎の千葉祐士社長は、「肉おじさん」と呼ばれるほどに、肉に情熱を注いでいる人。今回はなぜ学校を作ったかを聞きに、実際に会いに行って来ました!「格之進肉学校」の本校は六本木から遠く離れた岩手県にある▲「株式会社門崎」の社長、千

ヒット商品を連発する「無印良品」。その理由の一つに、“誰が行っても「これ欲しかった」「ちょどいいな」と思う商品が置いてある”という点があります。そこには「無印良品ならではの商品開発」の戦略がありました。 戦略① 「バージョン違い」を取りそろえる 無印良品の看板商品

ページトップへ
Twitter Facebook