shiyakusho_20191022_01.jpg
テレビ東京で毎週水曜深夜0時12分から好評放送中の「ドラマホリック!死役所」。気になる10月23日(水)の放送は...死者が必ず訪れるあの世の"シ役所"。今回訪れたのは産声を上げれず死産した赤ちゃん...愛が繋ぐ母子の奇跡の物語!

第2話あらすじ

shiyakusho_20191022_02.jpg
偶然「死刑課」の部屋にたどり着いた三樹ミチル(黒島結菜)は、シ村(松岡昌宏)、ニシ川(松本まりか)らが死刑囚だったことを知ってしまう。さらにハヤシ(清原翔)が、かつてニュースで死刑囚として報じられていたことも思い出し、死役所の職員たちに対する嫌悪感を募らせていく。

shiyakusho_20191022_03.jpg
そんな折、ミチルは死役所のベンチでおくるみに包まれた赤ちゃんを発見。あやしても泣き止まない赤ちゃんを、シ村は大人と同じ淡々とした態度で「死産課」へ案内する。

shi_20191023_thum.jpg
「死産課」が他の課と大きく違うのは、自分で申請書が書けないため、職員のシン宮(余貴美子)らが代筆しなければならないこと。早速、死に至った経緯を調べると、この"おチビちゃん"は、8年間もの不妊治療の末にようやく授かった、荻野泉水(酒井若菜)の待望の赤ちゃんだったことがわかり......。

此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」。自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく。死を通して、生きることと向き合う衝撃作!

テレ東プラス

赤楚衛二さんと町田啓太さんが出演するドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京ほか、毎週木曜深夜1:00~)が10月8日(木)より放送スタート。原作は、通称「チェリまほ」としておなじみの同名コミック。「全国書店員が選んだおすすめBL コミック2019」で、第1位を獲得した人気作です。

ページトップへ
Twitter Facebook