simai_20191017_01.jpg

10月10日(木)深夜1時からスタートしたテレビ東京の新ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。ドラマでは山田杏奈大友花恋がW主演を務める。

原作は『月刊コミック電撃大王』で連載する人気コミック。親の再婚で突然姉妹となった女子高生2人が、料理を通じて絆を深めていく物語だ。実写化が発表された8月にはTwitterのトレンド入りするなど、ファンの期待も高く、ドラマ第1話も話題を呼んだ。

主役の姉妹の一人「サチ」を演じるのは、2018年の映画「ミスミソウ」で初主演を果たし、数々の映画やドラマに出演する期待の若手女優・山田杏奈だ。

テレ東プラスでは、「あやり」役の大友に続き、山田をインタビュー。ドラマの食事シーンの裏にあった努力や、共演の大友への思い。さらに弟へのツンデレぶりも明かしてくれた。

【大友花恋へのインタビューはこちら】


simai_20191017_02.jpg

ーー『新米姉妹のふたりごはん』出演のオファーを知ったとき、どう感じましたか。

お話をいただいてから原作コミックを読んだのですが、ごはんがすごくおいしそうに描かれていて、食べ物の魅力を改めて感じました。

私自身、料理を作ることも大好きで、食べることも大好きなので、ドラマの中でそうした部分をうまく表現したいなと思いました。

ーーこれまで、どちらかといえば影のある役が多かった印象ですが、今回演じるサチは根っからの明るいキャラクターになります。演じるのは大変ですか。

ものすごく大変です。今までも「この子明るいな」って思う役を演じたことはあるんですけど、それと同じくらい闇が深かったり、抱えたものを繕うために明るくしている子だったので。

サチは根っから明るいし、動いて考えるような子なので「今まですごく落ち込んでいたのに、なんで急に笑うんだろう」とすごく考えてしまっていたんですが、監督から「サチはそういう子なので考えなくていい。むしろ考えない方がいいよ」とアドバイスをもらいました。

直前まで笑っていたのにシュンとなったり、一言でパッと明るくなる。コロコロと表情が変わるのが魅力的な子。基本は笑顔ベース。困っているときも口角は上がっている感じで演じています。

サチのほっとけないかわいさを出せたらいいなと思ってます。

simai_20191017_03.jpg

ーー普段の山田さんの性格ともサチとは真逆ですか。

はい。私は笑い上戸ではあるんですけど、普段からニコニコしているわけではなくて。私の中のMAXテンションが、普段のサチみたいな感じです(笑)

ーー大友さんが内向的なあやり、山田さんが明るいサチと、普段とは逆の性格を演じているのもドラマの面白さですね。共演の大友さんの印象はどうですか。

ものすごく素敵な方です。優しいし、明るいし、周りのことをよく見ていて気遣ってくれます。

今回が初共演だったんですが、最初に会ったときから、この人ならずっと撮影をやっていける、と思いました。今も空き時間にはよくしゃべっています。

話題は食べ物の話が多いです。撮影中、2人で料理を作っているときに「小籠包食べたいね」と話していて、周りのスタッフさんに驚かれます(笑)

2人とも「今これが食べたい」と思うものが一緒なんです。お互い「味覚が似てるね」って話しています。

ーーサチは人との距離を縮めることが得意な子ですが、山田さん自身は人との距離を縮めるのが苦手と別のインタビューで答えてましたね。

部屋に2人でいて、話さなければいけない状況ってあるじゃないですか。私はそういうとき、本当に話せない。自然と言葉が出てこない人なんです。

でも最近、そんなときは身の回りにあることを話せばいいんだとわかったんです。

会議室のような何もない場所だったとしても、服だとか見えてわかる物の話をしたり、食べ物とかそこにある物の話をする。

そういう他愛もない話の方が会話が続くことに気づいたので、会話の取っ掛かりにしています。そうすると以前よりはかなりしゃべれるようになりました。

simai_20191017_04.jpg

ーーサチがおいしく食べる姿はこのドラマのポイントです。これまでおいしく食べる演技ってしたことありますか。

何気なく食べながら話すシーンの経験はあるんですが、しっかりご飯を食べて「おいしい」というような演技はあまりないです。

口の中に入れてから感想を言うのは、普段ならできているのに、演技だと難しくて「うわっ、まだ口の中に残っているのにセリフを言わなきゃ」と1話の撮影のときにはなってました。

リハーサル中、セリフを言ったら口からバッと出たり(笑)。最近は上手に食べながら話せるようになりました。

ーー食レポであったり、テレビに映る食べる人は気になりますか。

ギャル曽根さんがテレビに出ていると「なんで、こんなにおいしそうに食べられるんだろう」と見ちゃいます。

今はどうやって食べたら綺麗に見えるかも考えています。サチはそんなにおしとやかに食べなくてもいいんですが、食べ方が汚いと、見てる人がそちらに気をとられてしまう。

やっぱり役的に大きく食べたいんです。大きく食べて、綺麗に口に入れて、おいしそうに食べたい。家でのごはんも録画しながら食べて「この角度になったら、口の中のものが見えない」とか練習しています。

テレ東プラス

日本テレビ系 毎週水曜よる10時〜放送中のドラマ「同期のサクラ」は、明日12月11日に第9話が放送される。先週放送の第8話のラストで、サクラ(高畑充希)は、奇跡的に9か月の眠りから目覚めた。1話ごとに1年進んできた本作だが、第9話から、ストーリーは「平成」から

ページトップへ
Twitter Facebook