ヤバい人たちのヤバい飯を通して、ヤバい世界のリアルを見る番組「ウルトラハイパー ハードボイルド グルメリポート」。今回は、初のゴールデンタイム進出となった2019年7月15日の放送から「南米・ボリビア 人食い鉱山飯」を振り返る。ひと月に平均14人が命を落とす人食い鉱山南米に位置するボリビア多民族国。人口は約1121万人。1825年にスペインの植民地から独立し、公用語はスペイン語。平均月収は約7万円。首都ラパスから鉱山までは約400km。落盤事故や窒息性ガス事故により毎月平均14人の死者が出ており

小さな店に客が熱狂~絶品を生む驚きの製法 東京・代々木公園に近い渋谷区・富ヶ谷の商店街のパン屋「365日」。ショーケースには60種類のパンがきれいに並んでいる。お客が欲しいパンを注文すると、スタッフがそれをピックアップ。セルフサービスが主流のベーカリーでは珍しいやり方だ。一番人気は「クロッカンショコラ」(380円+税)。ココアを練り込んだ生地にプチプチとした食感の粒チョコがぎっしり。さらに中にもなめらかなチョコレートクリームが入っており、イートインスペースでは「今まで食べたことない味がします」。

ページトップへ
Twitter Facebook