昨年、興行収入31億円を突破した大ヒット映画『カメラを止めるな!』(以下"カメ止め")。そこでメガホンを取った上田慎一郎監督による、劇場長編第二弾『スペシャルアクターズ』がいよいよ10月18日に公開されます。今回は全国ロードショーを間近に控えた上田監督と、主役に大抜擢された大澤数人さんにインタビュー。"カメ止め"の大ヒットから本作品に至るまでの苦労、オーディションの様子まで、色々と伺ってきました。 10年間で3本しか出演していない俳優を主役に抜擢──上田監督、"カメ止め"のヒットで色々なことが変

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズの鑑識官・米沢守役でブレークした六角精児さん。落語好きで生真面目な愛すべきキャラとしておなじみだが、実は犯人役で1回だけの出演で終わる可能性もあったという。 ◆目立つ犯人役か、地味な

ページトップへ
Twitter Facebook