2008年に公開された映画『おくりびと』をきっかけに、注目を浴びた「納棺師」という職業。故人を送り出すために行われる、納棺の儀式を担当するのが仕事ですが、国家資格があるわけではなく、プロとしてのスタンスも人によって異なるようです。今年7月、とある納棺師のツイートが話題を呼びました。この投稿には11.8万件のいいね、2.9万件のリツイート(2019年8月下旬現在)があり、大きな論争が巻き起こりました。 投稿者は納棺師を育てるスクール「おくりびとアカデミー」の代表であり、業界を牽引する納棺師の木村光

2月27日(木)夜10時放送の「カンブリア宮殿」は、「お米の美味しさをもっと知ってほしい」と立ち上がった京都の老舗のお米屋さん"究極の銀シャリ"を食べるために大行列ができる人気ぶり、その全貌に迫る!町のお米屋さんが仕掛けた"究極のコメ"ブレンド米ミシュラン三ツ星を獲得した京都の料亭や銀座の鮨店が絶賛、こぞって仕入れるのが京都の老舗のお米屋さん『八代目儀兵衛』のコメだ。美味しさの秘密は「ブレンド米」。橋本社長自ら探し出した美味しいコメ数種類を、店の要望に合わせた味になるよう独自の配合でブレンド、"

ページトップへ
Twitter Facebook