農林水産省の庁舎内に、「手しごとや 咲くら」という職員向けの食堂があります。ランチタイムは一般向けにも開放していて、オープンは11時30分。いつも多くの人が、この店の料理を楽しみに行列を作っているそうです。総料理長の伊藤誉志さんは、かつてフレンチの料理人でした。フレンチと職員食堂、一見ミスマッチに思える組み合わせですが、そこにはある共通点があったのです。今回は職員食堂でありながら、この店を外来からの行列ができる人気店に育てた伊藤さんに、その料理へのこだわりを聞いてみました。"受け身"の姿勢から生

画像素材:PIXTAトルコ共和国を旅した日本人は、皆口々に「トルコは親日国であり、リスペクトを感じた」と話します。トルコはなぜ、こんなにも親日国家なのでしょうか。そもそも日本とトルコの絆の物語は「エルトゥールル号事件」から始まります。串本町の先人たちの献身的な行いがトルコの乗組員を救った1890年、明治天皇の親書の答礼として、オスマン・パシャ提督率いる総勢650名の使節団が軍艦エルトゥールル号に乗り日本へとやってきました。しかしその帰路、エルトゥールル号は、和歌山県串本町大島の沿岸で台風により沈

ページトップへ
Twitter Facebook