「非常食として頼もしい」と話題になっている「農協の飲めるごはん」。なんと缶入りで、ジュースや缶コーヒーのような感覚で飲める上、長期保存も可能だといいます。しかし、そもそも「農協の飲めるごはん」はなぜ生まれたのでしょうか? 今回は開発元のJA北大阪に、そのエピソードを伺ってみました。「農協の飲めるごはん」で地元の農業を振興させたい──なぜJAさんが「農協の飲めるごはん」を開発されようと思ったのでしょうか?そもそもは、阪神淡路大震災の際、被災者の方が飲み水にも困るほど非常につらい経験をされたことから

8月20日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)は、わずか1年半で累計5億本超の大ヒット商品「本麒麟」を開発したキリンビールマーケティング部・京谷侑香(29)に密着する。

ページトップへ
Twitter Facebook