「非常食として頼もしい」と話題になっている「農協の飲めるごはん」。なんと缶入りで、ジュースや缶コーヒーのような感覚で飲める上、長期保存も可能だといいます。しかし、そもそも「農協の飲めるごはん」はなぜ生まれたのでしょうか? 今回は開発元のJA北大阪に、そのエピソードを伺ってみました。「農協の飲めるごはん」で地元の農業を振興させたい──なぜJAさんが「農協の飲めるごはん」を開発されようと思ったのでしょうか?そもそもは、阪神淡路大震災の際、被災者の方が飲み水にも困るほど非常につらい経験をされたことから

社会人になって、社内外で何かにつけプレゼンによる提案を求められ、なんとなくプレゼンに苦手意識を持ってしまった人は少なくないでしょう。そこで 大手企業のビジネスプレゼンのスピーチを手がけてきたスピーチライター・蔭山洋介さんに"勝てるプレゼンのコツ"を、お聞きしました。プレゼン術の基本を身に付けて、さっそく明日から、いえ、今日から役立てちゃいましょう!期待させ続けられるかどうか、それがすべて▲蔭山洋介さん ──勝てるプレゼンとはどのようなものですか?「勝てるプレゼンとは、"期待を持たせ続けられる"も

ページトップへ
Twitter Facebook