日本で一番不幸な男の物語、ドラマ24「Iターン」(毎週金曜 深夜0時12分放送)。会社員とヤクザの二重生活を送ることになった主人公・狛江光雄(ムロツヨシ)を取り巻く、義理と人情を重んじるヤクザの組長・岩切猛(古田新太)、冷徹なインテリヤクザ・竜崎剣司(田中圭)ら濃すぎる登場人物の中、狛江の赴任先の"クセの強い"若手社員2人も注目を集めている。今回は、やる気がなく定時退社が当たり前の営業・柳直樹役の渡辺大知さんと、仕事も恋も興味がないマイペースな事務・吉村美月役の鈴木愛理さん対談をお届け。個性的な

9月30日(水)よる9時 日本テレビ系で放送の2時間スペシャルで最終回を迎える「私たちはどうかしている」。今回は七桜(浜辺美波)の母・百合子(中村ゆり)の手紙を届けた出会いから、献身的に七桜を支えてきた多喜川を演じた山崎育三郎、一時は女将・今日子(観月ありさ)

ページトップへ
Twitter Facebook