巫女の衣装と、「セクハラ・インターフェイス」など奇想天外な作風といった、一度見たら忘れられないメディアアーティストとして活動する市原えつこさん。前編では現代のクリエイターに必要なサバイバル戦略について話を伺った。「アーティストは100年後の欲望を先取りする存在」だという市原さんが、今どうしても作りたいテクノロジー奇祭とは?今の科学で証明できない「何か」に面白みがある──市原さんの作品で、家庭用ロボットに故人を憑依させる「デジタルシャーマン・プロジェクト」はありえそうな近未来ですよね。市原えつこ(

鉛筆を作るときに発生する大量の木の削りカス。そのままではゴミになってしまうものですが、ある老舗鉛筆メーカーは年間1,000万円を売り上げるヒット商品を生み出しました。一体どんな商品なのでしょうか。 鉛筆作りでは4割もの木材が廃棄に 小規模な老舗工場として鉛筆を作り続けていた北星鉛筆。

ページトップへ
Twitter Facebook