神奈川県鎌倉市の湘南鎌倉総合病院に向かっていたのは73歳の石田保道さん。先日、まったく予期せぬ心臓の異常が見つかった。石田さんは心臓の血管の一部が極端に狭くなっていた。血管が詰まり心筋梗塞の恐れもある狭心症だ。 初めての心臓の治療に不安そうな石田さん。始まったのは、手の血管からカテーテルを入れる今拡大中の治療法。麻酔は右手への局所麻酔だけだ。まず取り出したのは治療のキモになるという器具、ガイドワイヤー。最初に血管に通し、心臓への道を確保するためのもの。これがうまく通らないと、その後、カテーテルを

鉛筆を作るときに発生する大量の木の削りカス。そのままではゴミになってしまうものですが、ある老舗鉛筆メーカーは年間1,000万円を売り上げるヒット商品を生み出しました。一体どんな商品なのでしょうか。 鉛筆作りでは4割もの木材が廃棄に 小規模な老舗工場として鉛筆を作り続けていた北星鉛筆。

ページトップへ
Twitter Facebook