国内外の気鋭アーティストたちが出演するライブハウス新代田FEVERができて以来、音楽の街として今盛り上がりつつある新代田。その一端を確実に担っている立ち飲み屋さんがある。しかも、ただの立ち飲み屋じゃない。現役のバンドマンである會田洋平さんと、辻友貴さんの2人よってオープンした「えるえふる」は、手前が立ち飲み屋で、奥がレコードショップという個性的なお店だ。 ▲レコードショップ側を仕切るオーナーの辻さんオープンしたのは、約4年前。この日、店頭にいた辻さんが開店の経緯を教えてくれた。「もう1人のオーナ

青森のアサムシ温泉・・・・青森県関係やご存知の方には大変失礼だが、正直言ってどんな漢字なのか?思い浮かばなかった。しかも今回のテーマはJourney of Aomori Artistic Soul。青森のアート魂って? 青森といえば「ねぶた祭り」の骨太な感じ? そして「浅虫」という地名と場所がわかってもまだ「?」は消えなかった。しかしながら「淺蟲」という蠢くエネルギーを醸し出す字を現地で見たときに、ざわざわとし始め、「浅虫へ 海も山も温泉も」という棟方志功作のポスターが、ずんと胸に落ちた時には・

ページトップへ
Twitter Facebook