画像素材:PIXTA豪華な返礼品で話題となった「ふるさと納税」。しかし、その返礼品があまりに豪華すぎると問題視され、今後は返礼品額の比率は寄付額の3割までに規制され、かつ地場産品以外を返礼品とすることが禁止されることになりました。これによってふるさと納税の魅力は大きく減退してしまいましたが、そんな状況で注目を集めているのが「株主優待」です。一定量の株を購入することで、その企業から特典をもらえる株主優待。老後に必要とされる2,000万円を工面するために資産運用が注目されていますが、そんな資産運用を

ヤバい人たちのヤバい飯を通して、ヤバい世界のリアルを見る番組「ウルトラハイパー ハードボイルド グルメリポート」。今回は、初のゴールデンタイム進出となった2019年7月15日の放送から「南米・ボリビア 人食い鉱山飯」を振り返る。ひと月に平均14人が命を落とす人食い鉱山南米に位置するボリビア多民族国。人口は約1121万人。1825年にスペインの植民地から独立し、公用語はスペイン語。平均月収は約7万円。首都ラパスから鉱山までは約400km。落盤事故や窒息性ガス事故により毎月平均14人の死者が出ており

ページトップへ
Twitter Facebook