7月11日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。"究極のしっとり感"が味わえるバウムクーヘンで"手土産スイーツの名店"と呼ばれる人気洋菓子店「治一郎」。永続企業を目指す、ヤタローのサバイバル術を徹底解剖する。大手に真似できない"オンリーワン商品"を作れ!1933年、浜松でパン、菓子の製造卸として誕生したヤタロー。現代表の中村は、東急不動産を退職し、ヤタロー創業者の娘と結婚。後継者としてヤタローに入社する。その後、製造卸から脱却するため、焼きたてパンの店「シャンボール」を静岡県内に続々と出店。

ページトップへ
Twitter Facebook