「クリエイターが、ものづくりを生業にできる会社を作りたい」 京都に本社を構える「いろは出版」は、芸大出身で詩人としても活躍する木村行伸さんの想いによって、産声を上げた企業。書籍だけでなく、さまざまなオリジナル雑貨や、似顔絵の制作・販売を行っています。 コンセプトは"愛"のあるものづくり。一つ一つのアイテムに愛情を込めて、丁寧に作り上げる。創業から変わらぬスタイルを貫く同社に、独自目線のものづくりの"いろは"を伺いました。「企画者の想い」をカタチにすることが最優先――「出版」という社名でありながら

土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)が7月27日からスタート。『ろくでなしBLUES』や『ROOKIES』を生み出した森田まさのり先生が描く“漫才漫画”を間宮祥太朗さん&渡辺大知さんで実写化。劇団ひとりさんが連ドラ初の演出を担当します。同作で、主人公・上妻圭右(間宮)の幼馴染・土屋奈々を演じる堀田真由さんにインタビュー!

ページトップへ
Twitter Facebook