六本木には「Hackers Bar」という、現役ハッカーが接客するバーがあることをご存知だろうか?メニューにハッカーをモチーフにした一風変わったカクテルが並び、その場でアプリをプログラミングしてくれる驚きのサービスを提供している。エンジニアや理系の学生はもちろんのこと、カップルにも人気のバーらしい。そこで、今回はHackers Barに突撃し、異色のお店の魅力に迫ってみた。カクテルを飲みながらハッカーにお悩み相談地下鉄六本木駅の7番出口から徒歩1分。東京ミッドタウンと向き合うビルの4階にHack

農林水産省の庁舎内に、「手しごとや 咲くら」という職員向けの食堂があります。ランチタイムは一般向けにも開放していて、オープンは11時30分。いつも多くの人が、この店の料理を楽しみに行列を作っているそうです。総料理長の伊藤誉志さんは、かつてフレンチの料理人でした。フレンチと職員食堂、一見ミスマッチに思える組み合わせですが、そこにはある共通点があったのです。今回は職員食堂でありながら、この店を外来からの行列ができる人気店に育てた伊藤さんに、その料理へのこだわりを聞いてみました。"受け身"の姿勢から生

ページトップへ
Twitter Facebook