地元千葉県だけでなく、日本中から客が押し寄せる、船橋市のふなばしアンデルセン公園。広さは東京ドーム8個分。童話作家アンデルセンのふるさと、デンマークをモチーフに、船橋市が190億円を投じて作った公園だ。2015年、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」のランキングでUSJを押さえて3位になったことで、一躍その名を知られ、千葉の郊外に年間80万人を呼び込んでいる。<客を魅了する秘密・その1>は「年中咲き誇る花」。アンデルセン公園のシンボル、風車の前の広場「メルヘンの丘」は、チューリッ

6月13日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。今回のテーマは、オムレツライスやハンバーグ、ロールキャベツなど手間暇かけた極上の洋食で大人気の「グリル満天星」。フレンチの達人と元ホテルマンの、飽くなき挑戦の歴史を取材した。手間暇かけて、極上の洋食を!都内に8店舗を展開する「グリル満天星」。丸ビル内にある店では、客の約半数がオムレツライスを注文するという。人気の理由は、手間を惜しまない調理にある。8種類もの具材を混ぜ、2日間掛けて仕込む西洋風炊き込みご飯をフワフワの卵で包み、そこに1週間かけて

ページトップへ
Twitter Facebook