世の中にはさまざまなアーティストがいるが、パンツの魅力を深く追求する芸術家がいることをご存知だろうか。その作品の値段はなんと最高1億円!何の変哲もないパンツに現代社会へのアンチテーゼが込められており、斬新な世界観に誰もが圧倒されてしまう。しかも、その人物は戦国武将の末裔ということだ。今回はそんな謎だらけのパンツ・アーティスト「サムライ・マサ」さんに、パンツの奥深い世界についてインタビューしてきた。世間から変態扱い!? 偏見と戦うパンツ・アーティスト―― パンツを作品のモチーフにしていますが、創作

(前編はこちら)歌舞伎町でホストクラブ6店舗を展開する業界大手のSmappa!Groupが、2019年3月にオープンさせた複合型飲食店「麦ノ音」。実は店内に、寿司屋とバーも併設しています。寿司屋「へい らっしゃい」は、なんと現役ホスト・SHUNさんが握ります。ホスト歴14年のベテランで、「SMAPPA!HANS AXEL VON FERSEN(スマッパハンスアクセルフォンフェルセン)」の代表も務める方。そんなSHUNさんが、なぜ寿司を握っているのでしょうか?「ホストの仕事をしていくなかで、"女性

ページトップへ
Twitter Facebook