世の中にはさまざまなアーティストがいるが、パンツの魅力を深く追求する芸術家がいることをご存知だろうか。その作品の値段はなんと最高1億円!何の変哲もないパンツに現代社会へのアンチテーゼが込められており、斬新な世界観に誰もが圧倒されてしまう。しかも、その人物は戦国武将の末裔ということだ。今回はそんな謎だらけのパンツ・アーティスト「サムライ・マサ」さんに、パンツの奥深い世界についてインタビューしてきた。世間から変態扱い!? 偏見と戦うパンツ・アーティスト―― パンツを作品のモチーフにしていますが、創作

大阪・梅田の一角にある話題の人気スポットに、朝11時から長い行列ができていた。およそ50人が順番待ち。お目当ては12階のビルの最上階にあった。明るい光が差し込むレストラン「プレミアムマルシェオーサカ」。200ある席はすぐに満席状態になった。 ここは農機具メーカー「ヤンマー」本社の社員食堂。毎週土日は一般に開放している。客を呼び込むメニューはお得感いっぱいの週替わりランチ。この日の一番人気は「牛肉の煮込みブルゴーニュ風」(1080円、フリードリンク付き)だ。店の中庭ではミツバチが飛んでいる。大阪・

ページトップへ
Twitter Facebook