世の中にはさまざまなアーティストがいるが、パンツの魅力を深く追求する芸術家がいることをご存知だろうか。その作品の値段はなんと最高1億円!何の変哲もないパンツに現代社会へのアンチテーゼが込められており、斬新な世界観に誰もが圧倒されてしまう。しかも、その人物は戦国武将の末裔ということだ。今回はそんな謎だらけのパンツ・アーティスト「サムライ・マサ」さんに、パンツの奥深い世界についてインタビューしてきた。世間から変態扱い!? 偏見と戦うパンツ・アーティスト―― パンツを作品のモチーフにしていますが、創作

建設業界のなり手不足などを危惧した一級建築士事務所ACE(大阪市)が、一人親方を集めて制作を進めている『建設男子写真集』。費用捻出のためにクラウドファンディングを利用すると、たちまち想定額の50万円に到達するなど、早くも注目を集めている。月に4~5名ずつ撮影を行い、最終的には約50名のイケメン建設男子が顔を揃えるとか。世の中の筋肉好き女性の注目を集めることは間違いないだろう。筋肉自慢のオトコたちによる夢の共演一人親方とは企業に属さず、フリーランスで現場監督をする人のこと。建設男子写真集プロジェク

ページトップへ
Twitter Facebook