現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。5月21日(火)は、「"激震"ライザップ復活の道は...」を放送。2019年3月期連結決算の最終損益が193億円の赤字になると発表したRIZAPグループ株式会社(以下:ライザップ)。番組では、改革に取り組む瀬戸健社長に独占密着し、グループ"減量化"を目指した会社売却や立て直しの裏側を取材。苦境に立たされた企業の復活への道筋を追う。「来年黒字化できなければ、僕はここに

旅行や出張の時に活躍する圧縮袋。だが、袋に衣服を入れてぐるぐると巻き、なんとか圧縮したのはいいけれど、ボコボコして厚みに偏りが出てしまう...。そもそも巻くのも大変だ。今回紹介する商品を使えば、とても簡単に、しかも一瞬で圧縮できるようになるという。こちらは、一瞬で圧縮できてしまう袋。いずみ企画の間野朋洋社長が、「見てください。一瞬で圧縮できます」と衣服を入れた圧縮袋の上に座ると...なんと、あっという間に圧縮できてしまった。 間野社長が開発品を、北村まあさキャスターが従来品を使い、どちらが早く圧

ページトップへ
Twitter Facebook