渋谷に映画の魅力を深く堪能できるバーがあることをご存知だろうか? お気に入りのタイトルを言えば、作品をイメージしたオリジナルカクテルが出てくる。バーテンダーたちの知識が豊富で、足繁く通う"映画ツウ"も多いそうだ。今回はこのバー「八月の鯨」を訪れて、玄人も唸るおすすめの作品について、チーフバーテンダーに聞いてみた。毎日が映画漬け! 年間300種類以上のオリジナルカクテルを開発▲渋谷のセンター街にある「八月の鯨」。看板に描かれた映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の写真が印象的だ。 ▲チーフバーテンダ

マイナビニュースでテレビ部門を担当する中島優氏。後編では令和を迎えたテレビのあり方、方向性について聞いた。多い時は1日十数本のテレビ関連の記事を書く中島氏ならではの、テレビに毎日接するライターの感覚で語ってくれた。気負いもてらいもない、ただテレビを愛するひとりの男としての言葉が、奥行きがあり興味深い。途中に出てくるネットとの関係の話は、テレビ制作者にも大いに参考にしてもらえると思う。

ページトップへ
Twitter Facebook