渋谷に映画の魅力を深く堪能できるバーがあるのをご存知だろうか? バーテンダーの知識が豊富で、お気に入りの作品を言えば、そのイメージでオリジナルカクテルを作ってくれる。映画を観た後で、味覚とともに余韻に浸ることができるのは、この場所ならではだ。今回は、そんな映画バー「八月の鯨」を訪ねてみた。時代の荒波をくぐり抜けてきた歴史あるバー渋谷のセンター街にある「八月の鯨」は、2階と地下1階でお店を構えている。看板に描かれた映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の写真が印象的だ。満席になることも多い人気店のため

20歳でスイスのジュネーブにある日本大使館の料理長になった三國シェフ。才能に甘んじることなく、人の何倍も何十倍も自己犠牲を払い、成長の速度を早めていく。休みのたびに二ツ星の有名なお店「リヨンドール」や有名な五ツ星ホテル「

ページトップへ
Twitter Facebook