好きなことをして生きていく。果たしてそれは夢物語なのでしょうか? すべての人がそうなることはできないかもしれませんが、そこに近づいていくことはできるはず。今回お話を伺うのは、一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事にして、シェアリングエコノミー協会 事務局長、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、総務省地域情報化アドバイザー、厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与えるインパクト研究会」構成委員、総務省検討会構成委員など多数の肩書きを持つ石山アンジュさん。「

ワイドショーのアシスタントを2年間つとめた後、30歳を「女優元年」として新たなスタートをきった藤田弓子さん。念願だった映画にも『泥の河』(1981年・小栗康平監督)をはじめ多数出演し、大林宣彦監督『さびしんぼう』でキネマ

ページトップへ
Twitter Facebook