5月16日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。今回のテーマは、O-157騒動で倒産寸前に追い込まれた広島のカイワレ生産業者が「発芽野菜」で圧倒的トップに! 今までにない"スプラウト市場"を築き上げた男の執念の逆転劇に迫る!

98円という安定した低価格、簡単&おいしいレシピで急速に人気を拡大している豆苗。その仕掛け人とも言えるのが広島の村上農園。もともとはカイワレ大根の生産で日本一となったが、O-157騒動で倒産寸前に追い込まれ廃業の危機に。だが執念の格闘で発芽野菜に可能性を見出し圧倒的トップに!

スプラウト市場を築き上げた男の執念の逆転劇とは? 今までにない生産手法で食卓と農業を変える村上農園の強さの秘密と次なる戦いとは?

豆苗ブームに火付け役、スプラウト市場で急拡大

kanburia_20190516_01.jpg
村上清貴社長は、スーパーフードのひとつにも選ばれるブロッコリースーパースプラウトをヒットさせたスプラウトの王者。栄養価の高い新芽を使ったスプラウトは、最近の健康需要に乗って急拡大し、村上農園の年商も100億円に迫る勢いだ。

現在、国内8カ所にある村上農園の生産拠点。その広大な施設では、生育期間2週間程度の豆苗が、水やりから搬送まで、高度にオートメーション化された設備で次々と生み出されていく。そして、気候の違う各拠点では、ミリ単位で生育状況をチェック。

徹底的に均質な野菜を作るため、日々スタッフが汗を流している。今までにない生産手法で食卓と農業を変える、村上農園の強さの秘密に迫る。

"カイワレ日本一"となった直後...廃業の危機に!

村上農園は、村上の親戚である村上秋人が1978年に広島で創業した。紅タデから、カイワレ大根の生産へとビジネスを広げ、ついにカイワレ大根の生産では日本一となる。

そんな村上農園を襲った最大の危機が、村上清貴の入社3年後、1996年に起きたO-157による食中毒事件。感染源がカイワレ大根ではないかと疑われ、全国のカイワレ農家へ風評被害が巻き起こったのだ。

生産のほとんどがカイワレ大根だった村上農園も廃業の危機に立たされる。しかし村上は、試験的に育て始めていた豆苗の生産に注力し、豆苗市場を拡大。

さらにアメリカで発見されたブロッコリースプラウトの体に良い作用に目をつけ、その研究者であるタラレー博士を説得。高品質なブロッコリースプラウトを作るための独占的ライセンス契約を結び、一気に反転攻勢に打って出た。

豆苗未開の地・沖縄を変えた世界戦略

kanburia_20190516_02.jpg
村上農園は2012年、沖縄の企業と合弁会社「沖縄村上農園」を設立。沖縄で豆苗などの生産に乗り出した。夏場の葉物野菜の自給が厳しいなど沖縄の野菜事情を改善することと、地元企業に高度な生産ノウハウを提供するという新たな枠組みを「沖縄モデル」とし、世界も視野に入れたスプラウト野菜の生産ビジネスを拡大するのが狙いだ。

さらに現在、東北にも新工場を建設中の村上農園。農業の未来を変える、その次なる戦いとは?

テレ東プラス

マニキュアをキレイに塗ることができると、その日のテンションや様々なことに対してモチベーションが上がることも。そのくらい、その日の気分に影響を与えるのがマニキュア。でも、自分で塗ると爪からはみ出てしまったり、乾ききらないうちに別の作業をしてヨレてしまったりと、上手にできないことが多いもの。お店のネイルはきれいにやってもらえる半面、セルフネイルよりも当然ながら料金が高いのがネック......。そこで、セルフネイル派に朗報! 失敗なく誰でもキレイにネイルが塗れる商品が誕生した。開発したイシュアの長谷川

ページトップへ
Twitter Facebook