5月10日(金)夜8時からは、金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理2」(毎週金曜夜8時放送)をお届け。

"パーフェクトな執事"西園寺(上川隆也)が奥様(吉行和子)のお願いで事件を解決する痛快ミステリー・エンターテインメント。今回は、氷上を華麗に舞い、殺人未遂の謎を解く!

第3話あらすじ

saionji_20190509_01.jpg
西園寺一は資産家の奥様、伊集院百合子に仕える執事。主人のいかなる望みにも応える完璧な仕事ぶりから、"パーフェクトな執事"と称されている。

ある日、百合子が目をかけているフィギュアスケーター・井上美波(庄司理紗)が週刊誌フリー記者の殺人未遂容疑をかけられ、行方不明に。美波の無実を信じ、心配する百合子のため、西園寺が華麗なスケーティングでアリバイを立証。過去の疑惑と共に、事件の真相を解明する!

二人は伊集院グループが後援するフィギュアスケートのチャリティーショー打合せのため、ベテランメイド・板倉明美(池谷のぶえ)と共にスケートリンクを訪れる。
主催者の佐々木絢子(久世星佳)と話をしていると、美波のコーチ・桜井一也(佐藤アツヒロ)がこれまでサボったことのない美波が練習に現れず、連絡がつかないと探しにくる。そこへ刑事が現れ、美波が殺人未遂事件の重要参考人だと告げた。被害者は『週刊新報』と契約しているフリーの記者・松田裕紀(山口馬木也)。

個人で所有する事務所内で腹部を刺され、意識不明の重体だという。室内や凶器から若い女性と思われる毛髪や指紋が検出されたことや、犯行時刻に美波の携帯から119番通報があったことから美波に容疑がかけられた。

さらに、近所の防犯カメラには何か青い紙を手に逃走する美波の姿が映っていた。松田は芸能人やスポーツ選手のゴシップ記者で、美波を追っていたという。

saionji_20190509_02.jpg
美波を捜してほしいという百合子のお願いを受け、捜索に乗り出す西園寺と明美。

桜井の話では、美波は昨夜10時に練習を終えていた。

また、1年前に女子トップスケーター原田玲奈(左伴彩佳 AKB48 Team8)がシューズのビスを緩められたことが原因で大怪我し、引退することになった件で週刊誌から美波が犯人と書きたてられたという。さらに西園寺は美波のライバルで不仲と噂される渡辺楓(田辺桃子)に話を聞こうとすると、楓のコーチ・高瀬史緒里(遊井亮子)が抗議。
しかし、楓は自らにアリバイがないこと、昨日の美波に変わった様子はなかったと話す。
松田が出入りしていた編集部では、後輩記者の向井正(前原滉)や編集長・春日晃之(羽場裕一)から話を聞くが、二人はすでに美波が犯人と決めつけているようだった。

その後、西園寺と明美は、スケートリンクの整備員の斉藤治(酒向芳)から、昨夜リンクにスペアキーを使って忍び込んだ人間がいて、誰かが滑ったような跡が残っていたと知る。

松田はなぜ刺されたのか?
美波はどうして犯行現場から姿を消し、行方をくらませているのか?

"パーフェクトな執事"西園寺が、驚くほど幅広い知識と経験、冴えわたる観察眼を駆使し、事件の謎を鮮やかに解き明かす!

テレ東プラス
ページトップへ
Twitter Facebook